パウロ・コエーリョのアルケミスト

 

はい。パウロ・コエーリョのアルケミストをよみました。

きっかけは↓の動画でウィル・スミス氏がインタビューで大好きな本として挙げていたからです。

いわゆる引き寄せの法則( law of attraction )について童話風な物語仕立てで学ぶことができます。

どことなくドラゴンクエストVの原作になった旅のラゴスと似たような雰囲気も感じますがラゴスは旅の目的が終始はっきりしなかったのとは対照的にアルケミストの方は「宝を見つける」というはっきりとした目的が存在します。

この最後に見つけるお宝が普通の金銀財宝だったんで、がっかりした記憶なのですが、紆余曲折を乗り越えた主人公の精神そのものがよっぽどお宝です。たぶん。著者は最後、わかりやすいハッピーエンド的なものにしたかったのでしょう。

主人公のタフさ

この物語の主人公はお宝を探す旅の途中、何度も全財産を失います。

・海を超えた新天地で泥棒に全財産騙し取られる

・砂漠の道中で軍隊から接収される

・宝をほっている途中でチンピラに絡まれてカツアゲされる

この主人公が凄いのが全財産を失うたびに「それはともかく旅を進めよう」という頑丈なメンタルを持っていることです。

特に最初の一回目は新天地に一人でいたこともあり一日泣いてたりするんですが、次の二回目になるともはや大したダメージにならず、三回目に至っては全く気にしてません

彼は自分のことをどろぼうに会ったあわれな犠牲者と考えるか、宝物を探し求める冒険家と考えるか、そのどちらかを選ばなくてはならないことに気がついた。
「僕は宝物を探している冒険家なんだ」と彼は自分に言った。

宇宙の意思

ちなみにこの主人公、宇宙の意志と同化しています。なのでどんな困難があってもめげないですし、いろいろな幸運をもぎとって旅を続けることができます。

・ピラミッドの近くに宝がある啓示を夢の中でみる

・ジプシーの老女にそれが本物だと言われる

・正体不明のエルサレムの王様メルキゼデクと会ってエジプトまでの船代をもらう

主人公「世界最大のうそとは何ですか?」

メルキゼデク「それはこうじゃ、人は人生のある時点で、自分に起こってくることをコントロールできなくなり、宿命によって人生を支配されてしまうということだ。それが世界最大のうそじゃよ」

メルキゼデク「誰でも若い時は自分の運命を知っているものなのだ。
まだ若い頃は、すべてがはっきりしていて、すべてが可能だ。
夢を見ることも、自分の人生に起こってほしいすべてのことにあこがれることも、恐れない
ところが、時がたつうちに、不思議な力が、自分の運命を実現することは不可能だと、彼らに思い込ませ始めるのだ」

メルキゼデク「おまえが誰であろうと、何をしていようと、おまえが何かを本当にやりたいと思う時は、その望みは宇宙の魂から生まれたからなのだ。
それが地球におけるおまえの使命なのだよ。
自分の運命を実現することは、人間の唯一の責任なのだ。すべてのものは一つなんだよ。
おまえが何かを望む時には、宇宙全体が協力して、それを実現するために助けてくれるのだよ」

愛とは?

この本では割と面倒なことをすべて「愛」という言葉で片付けてしまう表現が散見されます。愛なら仕方ない

愛とは、大いなる魂を変え、より良いものにする力なのです。

また、愛が旅を邪魔するものでは決してないと説いています。

男が自分の運命を追求するのを、愛は決して引き止めはしないということを、おまえは理解しなければいけない。もし彼がその追求をやめたとしたら、それは真の愛ではないからだ・・・大いなることばを語る愛ではないからだ。

ここらへんは「結婚にメリットはない」と語るミニマリストの堀江貴文氏とは微妙に意見が別れているところです。

「勇気」とは「怖さ」を知ることッ!「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!

割とジョジョの一部っぽいものも散見します(両作で神話なんかの同じモチーフを採用してる関係なんだと思います)。

恐怖に負けてはいけないよ

恐怖に負けてしまうと、お前は心に話しかけることが
できなくなってしまうからね

もし、自分の運命を生きてさえいれば、
知る必要のあるすべてのことを、人は知っている
しかし夢の実現を不可能にするものが、
たった一つだけある
それは失敗するのではないかという恐れだ

下記はツェペリさんのセリフです。

ノミっているよなあ・・・ちっぽけな虫ケラのノミじゃよ!
あの虫はわれわれ巨大で頭のいい人間にところかまわず攻撃を仕掛けて 戦いを挑んでくるなあ!
巨大な敵に立ち向かうノミ・・・これは『勇気』と呼べるだろうかねェ
ノミどものは「勇気」とは呼べんなあ

それではジョジョ!「勇気」とはいったい何か!?

「勇気」とは「怖さ」を知ることッ!「恐怖」を我が物とすることじゃあッ!
人間讃歌は「勇気」の讃歌ッ!!
人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!
いくら強くてもこいつら屍生人は「勇気」を知らん!
ノミと同類よォーッ!!

いやーいい本だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です