ポスト・ヒューマン誕生

 

はい。レイ・カーツワイル氏のポスト・ヒューマン誕生をもりもり読んでおります。

あの、俳優のウィル・スミス氏が枕元に置いておかないと落ち着いて眠れないと噂される本でございます。

とても内容が濃い上に辞書並の厚さがあって読み応えがあります。読んでいて頭が良くなっていってる気がするのは攻殻機動隊マスター・キートン以来であります。

科学者の悲観主義

氏は「たいてい、目の前にある問題の難しさや複雑な細部に気を取られすぎていて、自分の研究がもつ長期的意義を見失ったり、研究分野をより広い視野で捉えることを忘れてしまったりしがちだ。」と言う。

ともにひとびとの間に、指数関数的成長収穫加速の法則が頭に入っていないからだと警告する。

また、「今日のあるひとつの傾向から導かれる変化にだけ注目し、他のことがらはなにひとつとして変わらない、としてしまうことだ。その格好な例が、寿命が伸びすぎると、人口が過剰になり、限りある資源が枯渇して生活が成り立たなくなる。と懸念されていることだ。この場合は、ナノテクノロジーや強いAIを用いて、その分に見合った大きな富を算出できることが忘れられている。」と述べている。

技術の進歩による弊害が出る頃には、他の技術の進歩の応用によってかんたんに解決できるとしている。

指数関数的成長

この本を貫く思想がこちらです。

指数関数的成長とは、初期は緩やかに進化し技術が確立すると急速に進化すること。

様々な人がこの指数関数的成長を見落としていて、進化のペースを遅く評価しすぎてしまっているとのこと。

氏、曰く人類の進歩は10年毎に2倍になっているとのこと。

収穫加速の法則

氏の提唱する発明と進歩に関する法則。

一つの重要な発明は他の発明と結びつき、次の重要な発明の登場までの期間を短縮し、イノベーションの速度を加速することにより、科学技術は直線グラフ的ではなく指数関数的に進歩するという法則のこと。

ムーアの法則

インテル社のゴードン・ムーア名誉会長が1965年に予測した、半導体の集積度は2年で倍増するという法則。

予測から52年が経過した、2017年現在もインテル社はこの法則が健在であると主張している。

原子データストレージ

オクラホマ大学の研究チームは、19個の水素原子を含む1個の分子にある陽子間の磁気相互作用の中に、1024ビットの情報を保存することに成功した。

2017年には、IBMが単一の原子にデータを読み書きすることに成功した

人間の脳のシミュレート

氏は、人間レベルの知能を10^16 cpsのコンピューティングと10^13ビットのメモリがあれば再現可能としています。

強いAI

コンピュータが強いAIと呼ばれるのは、人間の知能に迫るようになるか、人間の仕事をこなせるようになるか、幅広い知識と何らかの自意識を持つようになったときである。

ちなみに、やや疑問を持つ声もあるが、2014年にチューリングテストに合格する人口知能が登場している

 

あと、人間の寿命に関しては他の人のまとめ見て下さい。

いやーすごい本だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です