PHPのベストプラクティス

PHPの(速さに関しての)良いコードに関しての情報を探しているのですが、色々と収穫があったのでここにまとめておきます。

PHPのプログラマ向けの雑誌や書籍を買ったり、Twitterで情報集めたり色々やってみたのですが、US英語 Googleで「PHP7 performance」とか「PHP7 best speed」とかで検索した方が一番良い情報が手に入るのでおすすめです。

ちなみに2017年6月現在、○○語Googleはほぼ、●●なSEO業者からの派遣社員で構成されていると確信できるようなメタメタな検索結果のため、滅多に使わなくなりました。

あ、でも最近では、『ブンドドってなんだ?』と思った時には使ったので●●業者から見向きもされないニッチなキーワードで検索すればそれなりに使えると思います。では本題。

PHP Best Practices

A short, practical guide for common and confusing PHP tasks

PHPコミッターのAlex Cabal氏のタイトル通りPHPのベストなプラクティス集が集められたサイト。私が特に目からウロコが落ちたのは、

・APCuを使おうぜ!-> php7でのインストール方法 -> Laravelでの使い方

・DateTimeクラス使おうぜ!

・NullやBooleanは===で評価しようぜ!

らへんです。

PHP 7 performance improvements

こちらもPHPのコントリビュータのJulien Pauli氏のPHPのパフォーマンスに関しての記事。

・配列のキーには数字を使うと早くなるよ!

なんて初めて知りましたぜ。

10 Things Not To Do In PHP 7

・PHPの終了タグは使用しないで!

・ループ内でDB参照しないで!

分かってるけど気を抜くとやってしまいかねないことです。

 

他にも見つけたら追記の予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です