シェルに関しての基礎的な用語のまとめ

最近Linux関連の書籍をもりもり読んでいます。特に勉強になっているのは

HOW LINUX WORKS―Linuxの仕組み スーパーユーザが知っておくべきこと (MYCOM UNIX Books)ブライアン ウォード (著), Brian Ward (原著)

入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)奈佐原 顕郎 (著)

Linux 怒濤のQ&Aぱぱんだ (著)

という書籍達です。

そこで「シェル」というものに対してなんだか認識がふんわりしていることに気づいてしまったので折角なのでここにまとめておきます。

シェル / Shell

シェルとは、コンピュータのOS(オペレーティングシステム)を構成するソフトウェアの一つで、利用者からの操作の受け付けや、利用者への情報の提示などを担当するもの。

IT用語辞典 e-Words

 

このシェル(殻)という名前は、カーネル(OS)とアプリケーションの中間に位置し、カーネルを包み込むことに由来する。シェルは、ユーザーからのコマンドを対話的に処理するのみならず、シェルスクリプトと呼ばれるファイルを作成することにより、一連の処理をバッチ(一括して連続的に)実行することもできる。

@IT

bash

bashとは、多くのUNIX系OSで標準的に使われるシェル(ユーザからの操作を受け付け、結果を表示するソフトウェア)の一つ。

IT用語辞典 e-Words

シェルスクリプト

拡張子が.shでよく分からんおまじないからはじまるプログラムファイルのこと。

シェルスクリプトとはシェルが解釈できるコマンドを羅列したファイルのことである。
たとえばhelloworld.shというファイルを作成し以下のような内容を記述する。

#!/bin/bash
echo "Hello World !"
exit 0

snowlongの日記

 

実はなんだかよく分からない内に、「シェル」と「シェルスクリプト」を混同してしまっていたことに気づきました。こういう認識違いって怖いなあ。

 

tty

 

linusakesson.net

 

UNIXの仮想的なキャラクター端末のデバイス名

weblio辞書

ttyってドライバのことなのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です